toi toi toi !

生活の中の疑問を解決します。お役に立てれば幸いです。

母の日に贈るカーネーション 色の意味は?お勧めの色や避ける色は?

      2016/03/03

5月の第二日曜日は母の日ですね。

母の日の贈り物として定番になっている赤いカーネーションですが、
今では様々な色のカーネーションがお花屋さんには揃っています。

それぞれの花言葉の意味を知っていますか?

どの色の花言葉がお母さんにぴったりかな?

こんな事も考えながら、カーネーションを選べるように各色の花言葉について調べてみました。

スポンサードリンク
  

母の日に贈るカーネーション お勧めの色は?

それでは色によってどんな花言葉や意味があるのか見てみましょう。

母の日にお勧めな色は赤・ピンク・オレンジ・紫・青です。

それでは一つずつ見て行きましょう。

赤色のカーネーションの花言葉は

母の愛
母への愛
純粋な愛

定番色なだけあって、母の日にぴったりの花言葉ですね。
お母さんへの愛情が詰まっていて伝わりやすい色だと思います。

赤色はエネルギーを感じるアクティブな色なので
元気で行動力のあるお母さんにぴったりだと思います。

ピンク色のカーネーションの花言葉は

感謝の心
あたたかい心
美しい仕草

こちらはお母さんの優しい雰囲気が伝わってくる花ことばで素敵ですね。
日々の感謝の気持ちを特に伝えたい人はぜひ桃色を!

ピンクは優しく華やかで女性的な色なので
いつも優しくほんわかしている母親にぴったりだと思います。

オレンジ色のカーネーションの花言葉は

あなたを熱愛します
純粋な愛
清らかな慕情

親しみや明るさをイメージする色なので、友達のようなお母さんにおススメです。
気持ちをポジティブにしてくれる色でもあるので元気をプレゼントしたい時もぜひ♪

スポンサードリンク

紫色のカーネーションの花言葉は

誇り
気品

イメージ通りの花言葉ですね。
いつも上品な印象のお母さんに贈ってみてはいかがですか?
珍しい色でもあるので、少し驚いてもらいたい!という方にもおすすめです。

青色のカーネーションの花言葉は

永遠の幸福

ステキな花言葉ですね。
日本の企業サントリーとオーストラリアの会社によって、開発された色のようです。
ムーンダストという名前がついていますよ。

青色には冷静・慎重と言うイメージがあるので、いつも落ち着いているお母さんに良いかもしれません。

母の日に贈るカーネーション 避けた方がいい色は?

反対に母の日にお勧めできない色は 白・黄色・濃い赤です。

こちらも一つずつ見て行きましょう。

白色のカーネーションの花言葉は

私の愛情は生きている
尊敬
亡き母を偲ぶ

白色のカーネーションは、亡くなった母親に贈る色の意味があります。
白が好きなお母さんでも他の色にしましょう。

黄色のカーネーションの花言葉は

嫉妬
軽蔑

色のイメージと違いすぎてびっくりしますよね。
花言葉を知っているお母さんに渡したら悲しませてしまうかもしれません・・・。
こちらの色も除外しましょう!

濃い赤のカーネーションの花言葉は

私の心に哀しみを

一見シックで良い色と思いますが、わざわざ選ぶ色ではないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色によってこんなに様々な意味があったとは知りませんでした。

お母様にぴったりは色は見つかりましたか?

渡す時に花言葉も一緒に伝えると更に喜んでもらえるかもしれません♪

スポンサードリンク

ぜひ素敵な母の日をお過ごしください。

 - 春の行事 ,