toi toi toi !

生活の中の疑問を解決します。お役に立てれば幸いです。

秩父鉄道のSLで紅葉を見に行こう!予約は必要?おすすめの駅は?

   

首都圏から1番近いSLが秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」です。

そんな蒸気機関車に乗って秩父方面へ紅葉を楽しみに行きませんか?

そこで今回はSLの運行日や運行時間・予約方法やおすすめの駅についてまとめました。

スポンサードリンク

秩父鉄道のSLに乗って紅葉を見に行こう!

SLパレオエクスプレスって?

SLパレオエクスプレスは1972年に現役を引退した、旧国鉄(現JR)で活躍したSLです。

1987年に復活し、翌年からSLパレオエクスプレスとして運転を始めました。

普段は乗る事の出来ない、雰囲気たっぷりの蒸気機関車をぜひ楽しみましょう!

運行する日や時間は?

SLは4月~12月までの期間限定で、基本的には主に週末・1日1往復しか運行しません。

今年の運行日です。
紅葉の季節は11月中旬~12月上旬辺りまで。

11月 曜日 ダイヤ
3日 休日
4日 平日
5日 休日
6日 休日
11日 平日
12日 休日
13日 休日
14日 平日
18日 平日
19日 休日
20日 休日
23日 休日
25日 平日
26日 休日
27日 休日
12月    
3日 休日
4日 休日

始発の熊谷駅から終点の三峰口までは片道2時間40分
ゆったりとした旅が楽しめます。

 

平日ダイヤ 休日ダイヤ 停車駅 休日ダイヤ 平日ダイヤ
10:12発 10:10発 熊谷 16:18着 16:20着
10:33着 10:31着 武川 15:56着 15:58着
10:52着 10:51着 寄居 15:37着 15:34着
11:25着 11:26着 長瀞 15:05着 15:00着
11:44着 11:49着 皆野 14:53着 14:49着
12:03着 12:07着 秩父 14:34着 14:30着
12:13着 12:18着 御花畑 14:30着 14:26着
12:45着 12:50着 三峰口 14:03発 14:00発

秩父鉄道のSLに乗る為に予約は必要?

SLパレオエクスプレスは紅葉時期は大変賑わう為事前の予約が必須です!

指定席も自由席も枚数に限りがあります。

料金は?

普通乗車券+指定席720円か、自由席510円

普通乗車券の料金例(熊谷から乗車した場合・・)

熊谷  
武川 380円
寄居 580円
長瀞 760円
皆野 800円
秩父 860円
御花畑 860円
三峰口 950円

例えば熊谷駅から寄居駅まで、指定席で行くと普通乗車券(580円)+指定席(720円)で1,300円

自由席で行くと普通乗車券(580円)+自由席(510円)で1,090円。という事になります。

差額は210円なので、ぜひ指定席をゲットしたいですね。

指定席の予約方法

混雑時期は自由席だと座れない可能性もあるので、断然指定席がおすすめ!

特に途中駅から乗車予定の方・小さなお子様や高齢者との乗車予定の方は指定席が安心です。

ただし、SL座席指定券の販売は

「JR東日本管内のみどりの窓口およびびゅうぷらざ」の窓口のみとなります!

※電話予約・WEB予約はなし。 残席状況等の確認も電話・WEBではできません。

発売開始はSL運転日の1ヶ月前の11時~。

紅葉のシーズンは大変人気がありますので、指定席を狙っている人は早め早めに動きましょう!

自由席の予約方法

SL整理券(自由席)は電話予約・WEB予約・窓口での購入が可能です!

電話・WEB予約はSL運転日の1ヶ月前の9時~。

自由席はWEBで予約状況が確認出来ます。

【公式HPはこちら】

しかし、自由席は座席以上の発売をしているので座れない可能性もあります。

予約状況を確認して△・▲・×となっている日は、区間にもよりますが始発駅の「熊谷駅」から乗らないと座る事は難しいと考えられます。

始発の熊谷駅から乗る場合も、発車時間の30分前には並んでいたいところです。
※状況によって変わりますので何とも言えないですが・・。

また、秩父鉄道前線においてSuicaやPASMO・パスネットなどのICカードは利用する事が出来ませんので、窓口や券売機で普通乗車券の購入をしなければいけません。

こちらでも列に並ぶ可能性がありますので、早めに向かいましょう。

秩父鉄道ではお得な切符の用意もあります。

★秩父遊々フリー切符(秩父鉄道全線1日乗り降り自由)
大人 1,440円 小児 720円
※片道720円以上の区間を往復するならお得!

他にも・・

★ぶらり!秩父・長瀞おでかけきっぷ(長瀞~三峰口間1日乗り降り自由)

★ながとろ満喫きっぷ(樋口~上長瀞間2日乗り降り自由)

もありますので、プランに合わせて選んでみてください!

詳しくは秩父鉄道の公式HPをご確認ください。


スポンサードリンク

秩父鉄道のSL 紅葉を見るのにおすすめな駅は?

SLに乗って紅葉を楽しみに行くならおすすめの駅は「寄居駅」です。

熊谷駅から約40分というアクセスの良さが魅力です。

徒歩圏内に「雀宮(すずめのみや)公園」もあります。

また、荒川が流れていて正喜橋がかかっているので、橋の上から紅葉を楽しむ事も出来ますし、国指定史跡となった鉢形城公園跡地もあるので、足をのばしてみても良いでしょう。

駅前に名産品や朝採れ野菜もならぶ観光案内所もあるので、地元の物を楽しむ事も出来ます。

雀宮公園とは?

松島幸四郎の別邸跡地が整備され、2014年から一般開放された穴場的な公園です。

モミジ(赤)とイチョウ(黄色)のコントラストが素晴らしく、落ち葉の絨毯の中を歩く事が出来ます。

住所:埼玉県大里郡寄居町寄居地内

開放時間:9時~16時

アクセス:寄居駅から徒歩約8分

見頃:11月中旬~12月上旬

寄居駅は東武東上線・秩父本線・JR八高線の3路線が乗り入れているので、アクセスも便利。

片道だけSLにして、帰りはアクセスの良い電車や駅を利用するという事も出来ますね。

まとめ

いかがでしたか?

SLに乗って初めての街におりて紅葉を楽しむ・・。

とてもステキなプランだと思います。

スポンサードリンク

ぜひ楽しんできて下さい。

 - レジャー ,